無理なダイエットは不妊にオーリスタットとビタミン

不妊の原因は様々ありますが、無理なダイエットで性的な体の準備ができず、不妊になる女性もいます。
最近では低年齢層にまで「痩せることは良いこと」という意識が広まっており、標準体型であるにも関わらずダイエットに励むケースが増えています。
ある程度性の成熟が落ち着いた大人でもダイエットによって不妊のリスクは上がりますが、ましてやまだ生理が来ていない子供にまで無理なダイエットが広がっているのは、問題があります。
生理は子供を産む準備をする作業で、これが正常に行われないと子供ができない体になってしまいます。「ダイエットしたら生理が止まったけれど、かえって楽で良い」と安易に考える女性も多いですがこれは大きな問題を孕んでいます。
生理が止まってしまうということは、子供を作れない体に近づいているということです。ダイエットによって栄養素が入ってこなくなると、体が危険信号を出して生命維持に全力をあげるようになります。すると生理などの子供を作る性的な機能が止まってしまいます。
「細いことは良いこと」という認識が一般化していますが、無理なダイエットは将来の不妊につながるということは知っておきたいことです。
食事制限なしのダイエット方法には、オーリスタットを使う方法があります。オーリスタットは高度肥満の患者にも適用されており、脂肪吸収を阻害する効果があります。
オーリスタットを使う時に注意したいのが、脂溶性ビタミンが油に溶け込んで一緒に排出されてしまうことです。するとビタミン不足に陥る危険性があります。これを防ぐためには、マルチビタミンのサプリを摂取すると良いです。マルチビタミンのサプリはドラッグストアなどでも手に入りますし、ネット通販でも薬とセットでサプリが販売されています。

ページトップへ