オーリスタットは優れたダイエット成分

優れた効果があるとして肥満治療薬としても使用されているオーリスタットですが、ダイエットになる仕組みはリパーゼの抑制です。摂取した脂肪分を分解するのがリパーゼですが、オーリスタットで分解の働きが抑制されることで脂肪分が内蔵に吸収され難くなります。一部の脂肪分はそのまま体外へと排出される為、その分、太り難くなるのがオーリスタットの働きです。そして飲み薬ですから手軽に用いることができ、そして脂肪分を排出するという働きゆえに身体への負担も小さいとされています。緩やかなダイエットができますので、健康を害する可能性も小さいとして外国では正式に治療薬にも利用されているのです。
オーリスタットの使用に際して注意した方が良いこともありますが、まずビタミン類を補うようにすることです。脂溶性ビタミンの吸収も阻害されてしまいますので不足しないように注意をした方が良いでしょう。
肥満気味の場合はしっかりと運動を欠かさずに行うことも大事です。オーリスタットだけでも痩せることは可能ですので飲むだけでも身体を引き締めることができますが、しかしながらすでにある内臓脂肪や皮下脂肪まで落とす働きはありません。これから摂取する脂肪分をカットする働きしかありませんので、すでに内臓脂肪などの量が多いようですと運動をしないと本当のダイエットは難しくなってしまうのです。ですから運動も一緒に行うようにした方が良いですし、さらに効果的なダイエットができるはずです。
副作用についても理解が必要ですが、発生する可能性があるのが下痢です。脂肪分の分解が抑制されますのでそれによって下痢になることがあります。他にも稀に肝障害が起こることもある為、不調が発生した場合は速やかに医師に相談しましょう。

オーリスタットは食事制限が必要ない

ダイエットで必ず必要になるのが、食事制限です。
食品の三大栄養素には、炭水化物、タンパク質、脂質、の3つがあります。タンパク質は現代人は不足しがちな栄養素ですし、筋肉などを作る上で欠かせない栄養素なのでこれを制限するダイエットはほとんどありません。
なので、ダイエットでは糖質か脂質を制限します。最近流行している糖質制限は1日の糖質摂取量を60gに抑えて、他の食品でお腹を満たします。もともと糖質制限食は膵臓のインシュリンがうまく働かない糖尿病患者向けの食事療法でしたが、ダイエットにも効果があるということで近年指示されているダイエット方法です。
もう一つは、脂質を制限するダイエット方法です。脂質は少量でも効率よくカロリーが摂れる栄養素です。脂質1gあたり9kcalあり、摂取量を少なくしてもカロリー高い食品です。
オーリスタットは、この脂質からのカロリー吸収量を抑えてくれるダイエット薬です。糖質とタンパク質の吸収には影響しないので、糖質メインの食事だとダイエット効果は薄いですが、カロリーが多くなりがちな脂肪からのカロリー吸収を少なくしてくれるので、ダイエット効果があります。
その意味では、まったく食事制限が必要ないというよりは脂質に対しては厳しく考えなくても良い薬と言うことが出来ます。
オーリスタットを摂取すると、脂質からのカロリーを7割に抑えてくれます。もし脂質を1000kcal分摂取したとしたら、700kcalまでダウンしてくれるということです。吸収されなかった油は、便と一緒になって体外へ排出されます。その過程でお腹がゆるくなることが多いですが、これはオーリスタットの効果なので心配ありません。

効率良くダイエットするにはオーリスタットと運動

肥満の状態をそのまま放置していると、生活習慣病を発症するリスクが高まってしまいます。一度生活習慣病になってしまうと、なかなか治りにくいですし、死に至る危険性もありますから注意が必要になってきます。
特に健康診断などで肥満と判定された人は、ダイエットをする必要があるということがいえます。
もしも、ダイエットをする場合は、基本的には食事と運動が大事だということがよく言われています。
しかし、いくら運動習慣を身に着けることができるようになったとしても、肝心の食事制限については、なかなか改善することが難しかったりします。
特に食生活はこれまでの習慣が身についてしまっているので、どうしても食べ過ぎてしまったりしまうということがあります。
そこで、ある程度食べ過ぎてしまっても肥満を抑制するための薬としてオーリスタットという薬が注目を集めるようになってきています。
このオーリスタットは、食事で摂取した脂肪分の30パーセント分を体内に蓄積させることなく排便時に排出させるという薬です。
ですから、オーリスタットを服用すれば、無理な食事制限をすることなく、ダイエットをすることができるようになります。
さらに、運動をしっかりと行えば、食事で脂肪の蓄積を予防しながら、運動で脂肪を燃焼することができるようになります。
ただし、オーリスタットを服用するときの注意点として、あくまで排出するのは脂肪分であるという点です。
体内に脂肪が溜まるのは、脂肪分を多く含む食事からだけではなく、糖質を多く含む食事をした場合にも同様のことがいえます。
ですから、大盛りのごはんやうどんや食パンなどといった糖質を多く含む食事のみをした場合は、オーリスタットの効果を期待することができないということになるので注意が必要になってきます。

ページトップへ